▼キューズベリーの布ナプキンはすべて日本製で、デザイナーによる手描きのオリジナルイラストです

お試しセット
お試しセット

→初心者の方へ、まずはお試しから

1日セット

→お試しセットからのステップアップに

1週間セット

→生理期間にずっと使ってみたい方へ



布ナプキンのよくある質問 使いたいけれど、まだまだ不安な方へ 初心者さまへ 愛用者さまへ
布ナプキンのよくある質問
布ナプキンカテゴリ一覧
デザイナー ストライプ フラワー
ベーシック チェック ドット
骨盤ベルト

tocotoco

tocotoco 2012年vol.19(8月号) にて、キューズベリーの いいお産セットが特集されました!

「キューズベリー」最新掲載情報

CUTiE 2012年no.348(7月号) SAVVY 2012年10月号 美ラボ 2012年vol.2 (9月号) nina's 2012年vol.36 (9月号) SAKURA 2012年夏号

CUTiE

2012年no.348(7月号)

SAVVY
2012年10月号

美ラボ

2012年vol.2 (9月号)

nina's

2012年vol.36 (9月号)

SAKURA

2012年夏号

Precious Pre-mo 2012-2013

Precious Pre-mo

2012-2013

tocotoco 2012年vol.18(5月号) にて、キューズベリーの おんぶ抱っこ紐が特集されました!

布ナプキンはじめてBook come home! tocotoco

布ナプキンはじめてBook

2012年3月発行

Come home!
2012年Vol.27

たまごクラブ

2012年2月号

Neem

2012年Vol.1

エコジン

2012年1月号

baby life 冷え性のあなたに読んでほしい本 tocotoco ベビーブック付録「cafeBB」 リンネル

Slim Love
2012年vol.1

冷え性のあなたに読んでほしい本
2012.2.2発売

tocotoco
2011年vol.15(8月号)

ベビーブック付録
「cafeBB」

2011年8月号

リンネル
2011年7月号

tocotoco baby life

レタスクラブ

2011年vol.723

たまごクラブ

2011年5月号

美的

2011年4月号

Baby Life

2011年no.17

SAVVY

2010年9月号

Faxでのご注文
Faxでのご注文
Faxでのご注文

赤色がついた日は商品の発送、及びメールの返信、お電話をお休みさせていただいています。

インターネット・FAXのご注文は24時間受付

FAXでのご注文はこちら >>

実店舗の営業日とは異なります
CUSE BERRY the SHOPのカレンダー


シルク腹巻

→シルクでお腹を温めませんか?

ファミリーサイト

販売元:Kise shoji co.,ltd
代表  :黄瀬正徳
大阪市阿倍野区阪南町1-55-3

<発送センター>
大阪府東大阪市長田1-8-13 キューズベリー物流センター

キューズベリーのお店

ご注文・お問合わせ

お客さま専用フリーダイヤル フリーダイヤル
平日 9:00~17:00

Mail: info@cuseberry.com

「キューズベリー」は、お客様の大切なプライバシー及び個人情報保護に取り組んでいますのでお客様からご入力いただいた。お客様の大切な個人情報を保持し、絶対に漏らさないことをすべてのお客様に約束します。

当店は、
CO2削減に協力しています。

当店は、チーム・マイナス6%に参加しています。


<環境問題について>

近年地球温暖化や気候変動やゴミ問題など環境についてよくテレビや新聞で注目されています。これまで、便利主義に走ってきた私達は、そろそろ本気で環境のことを考える必要がでてきたように感じます。現在、リサイクルや省エネ対策が各家庭に浸透してきていましたが、あなたはどんな対策をされていますか?たくさんのことは一度にできないけれど、何かをするということが、環境問題を少しでも改善するきっかけになるかもしれません。 さて、環境問題に関連して、このサイトのコンセプトの一部である、ごみ問題について少しふれたいと思います。 さて、質問です。日本では1日1人あたり何キロのごみがでているかご存知でしょうか?実は、1キログラムものごみが廃棄されています。年間では1家庭から1~2トンもなります。環境省によると、土地の狭い日本では、ごみを埋め立てるための土地を新たに作るのは大変難しいそうです。またNGOのネットワーク地球村によると、後10年ほど分しかなく、これ以上同じ量を燃やすことが限界に近づいているそうです。 私たちが何気なく捨ててきた物たち、工夫ひとつで何回も再利用できるかもしれません。ひとつひとつ何かを考えて実行することが、環境問題改善につながる大きなきっかけになるかもしれませんね。

<コンテンツ>